トップ

オフィスで電話を取る際には

オフィスの電話方法

受付

オフィスでの電話のマナーは

オフィスで電話をとる際に、何も考えずにとっていませんか。電話の受け答えにもマナーがあります。まずは、なるべく早めに出ることです。3コール以内には出るようにしましょう。コールが多い分、お客様を待たせていることになり、短気な方などの場合、トラブルにつながりかねません。その次に、はっきりした声で自己紹介をしましょう。もしも間違いでかかってきたものだった場合、間違いに気付かず話し続けていた、という事態を避けることができます。また、話した内容はどんな些細なことでもメモをとるようにしましょう。オフィスには大勢の人がいます。内容を誰かに伝えなくてはならないこともあります。忘れないためにもメモをとりましょう。最後に、受話器はそっと置いて切るようにしましょう。

会社の電話マナーを学ぼう

オフィスにおける電話のマナーは様々ありますが、その一つで、掛けていない人が守らなければならないことがあります。掛けている人は、相手がお客様であろうと、取引先であろうと、社内の他部門であろうと、真剣に集中してコミュニケーションをしていますが、周りにいる人は、掛けている人と違う立場であるため、お隣に話しかけたリ、ひどいことになると、頭をとおり越して、向う側の人と大きな声でやり取りすることがあります。これば、掛けている人に対するマナー違反でもあり、その相手の人にとっても違反になります。機器の性能が良くなっていますから、通話口からいろいろな声が入り込み、仕事を邪魔することになるので、オフィスで近くで電話をしている人がいたら、終わるまで静かにしていることが肝要なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright オフィスで電話を取る際には. All rights reserved.